投稿

2017年12月15日
教会のこのごろ
2017年12月25日
クリスマスの新しい試み
2018年03月17日
イースターへの招待
» 続きを読む

ブログ一覧

教会のこのごろ

先 週11月8日、今まで台所のなかった福岡社家町教会礼拝堂内の古本などが置いてあった一室を整理して、調理の設備をいれてキッチン室としました。聖餐の準備や後片付け、愛餐会の準備ができます。このようにして、食卓を囲む神の家族として歩むツールを整えることができました。クリスマスが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年12月15日

クリスマスの新しい試み

昨日のクリスマス礼拝・祝会では、教会に新しいことが試みられました。礼拝には、ソプラノ独唱の特別讃美が加わり、礼拝後にはミニミニコンサートがありました。歌ってくださったのは、ソプラノ歌手の大塚絢子さん(福岡女学院中高音楽科講師)。O Holly Nightの素晴らしい歌声が礼拝堂に響き、説教の前に歌うクリスマスメッセージが会衆の胸に響き、説教へ備えがなされました。礼拝後はグノーのアベマリアを歌ってくださり、会衆と一緒に「牧びと羊」を歌ってリードしてくださいました。今回このようなクリスマスを企画し、近隣の方々をお招きしたいとおもい、チラシを配ったら、ご夫妻や親子でともなって出席してくださる方々が二組与えられたのは、大変うれしいことでした。礼拝後は、福岡社家町教会としては久方ぶり、ほとんど初めての愛餐会を行い、初めての方々も加わって楽しい交わりのときとなりました。11月にできたばっかりのキッチン室の最初の大活用でした。

 

 

 












2017年12月25日

イースターへの招待


福岡社家町教会では、4月1日のイースターに、こんなふうにして近隣の方々をもお招きして、礼拝(聖餐を行います)、イースター祝会として軽い食事の愛餐会、福音書の映画上映といった行事を行い、イエス・キリスト復活の喜びを分かち合う計画を立てています。よかったらおいで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年03月17日

8月26日㈰午後2時より 博多ガイドの会と共催で「SPレコードを聴く会」開催

これまでも博多ガイドの会の案内により、ヴォ―リス設計による古い建築である福岡社家町教会の礼拝堂の見学の方々を迎えましたが、今回は、礼拝堂でSPレコード(回転数78回転の昔のレコード)を聴いてみてみようという方々が来られることになりました。50名〜60名ほどこられるそうです。以前お出でになった方々にも、ウィリアム・メレル・ヴォ―リスの話や教会の歴史を、福音のメッセージも交じえて、お話しさせていただいていましたが、今回は前後、始めに10分ほど、終りに15分ほどたっぷり時間をいただいて、お話をさせていただくことになりました。思いもかけず、ちょっとした伝道集会にもなりそうです。

これを機会に、礼拝案内の手製のパンフレットも作成しました。内容は、本ホームページのトップページにある教会紹介文と「主の祈り」と「礼拝についてのQ&A」です。お求めの方は、ご連絡ください。送らせていただきます

               さて当日は・・・

 西日本新聞が取材して記事にして下さったこともあって、当日は、来会者80人ほどの大盛会になりました。福岡社家町教会はこれから、博多の街にぐっと食い込んだ教会になっていくのかも・・・ちなみに、この会のシメは、教会の福音ショートメッセージの後、「博多祝い節」でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 















2018年08月10日

2018年 福岡社家町教会のクリスマス

本年も昨年のように、近隣の方々や新来会者として福岡社家町教会を訪れた方々を、チラシを配ったり送ったりしてお招きして、12月23日にクリスマス礼拝、12月24日夕刻、クリスマス・イブ礼拝を行いました。23日の礼拝は讃美礼拝として行い、昨年に引き続き、声楽家の大塚絢子さんに特別讃美をしていただきました。24日のクリスマスイブ礼拝は、LEDライトを用いてキャンドル礼拝を行い、HAYAMA.sというサキソフォンアンサンブルに讃美演奏をしていただきました。23日は24名の出席、24日は32名の出席で、いずれも盛会となり、感謝でした。

    福岡社家町教会のクリスマス前の掲示板

12月24日 夕刻

クリスマスイブ礼拝 サキソフォンアンサンブルのセッション

2018年12月29日